新型コロナワクチン接種に対する当院の考え方、実施方法

  • HOME
  • お知らせ
  • 新型コロナワクチン接種に対する当院の考え方、実施方法

日本中のみならず、世界が新型コロナウイルス感染症の猛威に耐えて日々を送っております。日本国内では感染状況も第4波となり、変異株の問題から、私たちの自粛生活だけでは、感染をコントロールできない状態となっております。そこで、新型コロナワクチンの効果に対する評価や副反応に対する懸念は様々ありますが、ワクチン接種を先行させた国々で、流行が抑えられてきている事実を考え、社会全体での感染症の蔓延防止のため、個人の発症・重症化予防のため、できるだけ多くの方に、このワクチンの接種を受けていただきたいと考えます。
横浜市でも5月3日から集団接種の予約受付を開始し、5月17日の週から集団接種が開始されます。南区は南公会堂で5月19日から集団接種がスタ-トしますが、予約を取ることでご苦労をされている方が多いと伺っております。市の主導する集団接種だけでは迅速な接種を拡大させることは困難と思われますので、当院としても、地域の医療を担う「かかりつけ医」として、皆様のワクチン接種に役立ちたいと考えます。しかし、現状では、市の予約制度で集団接種の予約を取っていただくほうが、確実で、早く接種を受けることが出来ます。そのため今日まで、出来るだけ市の予約センターから集団接種の予約をお取り頂くようにお願いしてきました。幸い接種日時が決定された方も数十組おられます。その方々は、是非そのままワクチンをお受けください。いまだワクチン接種の予約の取れていない方に向けて、当院でも個別接種が出来るようにしていきたいと思います。あくまでも[かかりつけ医]としての対応としてのことですので、当院にカルテのある方を対象とさせていただきます。